大吟醸酒造り

SH3J1476.jpg SH3J1477.jpg

正月あけから始まった純米酒造りと大吟醸造りは
ようやく無事に仕込みが終わった。

かなり多忙な1ヶ月だったが
社員皆の努力・協力により
純米酒3本
大吟醸酒2本
全て順調に予定どおり仕込む事ができた!

朝、
第一蔵にさらした山田錦を午後、吟醸蔵にかついで行く。
今日は日曜日で人が少なく
社長にもかついでもらった!

み〜んなの頑張りや想いが醪・もろみに溶け込み
じっくりと日数をかけて
善き酒となるはずだ♪

米洗い

SH3J1479.jpg SH3J1481.jpg

大吟醸の酒米
山田錦は精米歩合39%
洗いはザルにて
全て手洗い。

総米600キロ仕込みを2本仕込むので
1200キロを手で洗う。
ストップウォッチをもっての繊細な作業となる。

いつも思うのは
ステンレスのザルを水に浸けてるのを上から見ると、
ロケットやスペースシャトルの噴射口みたいだなぁ〜と(笑)

水から上げるのも
私がストップウォッチをみて
皆に
『10秒前〜、5・4・3・2・1・ハイ!』の合図で皆がザルを上げる。

まさに
ロケット発射のカウントダウンみたいだ〜と、私だけが思っている…

f^_^;

大吟醸の麹造り

SH3J1472.jpg SH3J1471.jpg

大吟醸の麹を造るために蔵の屋根裏部屋に泊まり込んで一週間。

ようやく、予定の大吟醸麹を造り終えて
今日は松本市の岩波酒造から
14キロ程離れた
安曇野の我が家に帰宅である。

木の蓋ふたに
麹を入れて積み上げ
温度上昇によって
かき混ぜたり
蓋を上下積み替えたりといった作業が
夕方〜夜〜深夜〜朝方〜早朝と続いていく。
しかし
きれいに麹の花が咲くのを見ると
疲れも吹き飛ぶのである。

一粒の米

SH3J1468.jpg SH3J1467.jpg

一粒の米

ここから始まる酒物語。

吹かした酒米に
麹菌が付着し
2日かけて花が咲く。

蔵人達は
毎日、汗かき
蔵内を駆けずり回っている。

夕方
風呂に入る時はやっとホッとできる時間
込み上がってきた思いは
酒造りの仕事ができる事に感謝。
仲間達に感謝。

夕飯食べたらまた頑張ろう!

麹の接写

IMG_0510.jpg IMG_0527.jpg

今日からしばらくは
蔵に泊まり込みだ。

純米酒と大吟醸酒造りが平行して進んでいくので
かなり多忙となるが、美味しい酒を造るために頑張るしかない♪

写真は
麹を接写したものだ。なかなか肉眼で見るように写真に撮れないのだが…
撮影技術の向上も頑張ろう
f^_^;

純米酒の仕込み

IMG_04970001.jpg IMG_0492.jpg

純米酒の仕込みが始まった
今日は仕込み13号
添え仕込み。
写真は純米酒の麹

このところ毎日寒い
朝、外はマイナス7℃くらいか?
蔵は3℃

仕込み水の温度調整など年前とは感覚を切り替えないといけない。
先日
休憩室の水道を少しだして帰宅するのを忘れて
凍らせてしまった。
f^_^;

あわててファンヒーターとストーブをつけ
わりとすぐ復旧しました。

大雪

SH3J1452.jpg SH3J1451.jpg

今日は
松本市で30センチの積雪。

早朝から
自宅の駐車場と道の雪かき…

朝仕事もあるので蔵に向かう…スゲー雪道
( ̄○ ̄;)

そして岩波でも雪かき…

麹室の仕事で汗かいて…
そしてまた雪かき…

夕方
自宅に戻りまた雪かき…

あ〜
も〜嫌だ〜
\(+×+)/

純米酒造り

SH3J1445.jpg SH3J1444.jpg SH3J1440.jpg

純米の酒母造りが始まっているが

今日は
純米酒の添麹を麹室に引き込んだ。

まずは
吹かし上がりを検蒸
良し!いい吹かしだ!
明日からもしばらくは麹米の吹かしがある。
釜屋さん
いい吹かしを頼んだよ!