渋沢温泉小屋の今シーズンの営業について

2015年渋沢温泉小屋は大雪による雪害のため小屋の修繕が必要となりました。

大変申し訳ございませんが今シーズンは営業をお休みさせて頂きます。

登山者の皆さんにはご不便ご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力よろしくお願いします。

なお、小沢平登山口〜渋沢温泉小屋までの登山道は通行可能になっていますが、入山の際はご注意下さい。

森 聖

日本酒街道を特別に行く

『岩波~大吟醸~』

皆様のおかげさまで、無事に今シーズンの営業を終えることが出来た渋沢温泉小屋。

小屋閉めから約二週間。

誰もいなくなった渋沢の小屋と渋沢の森。

今ごろ一体どうなっているのだろう、と思いをはせてしまいます。

日ごろ隠れている、動物たちの天下なのでしょうか(^_^;)

一回、こっそり見学に行ってみたいです。

さて、今回、特別にご紹介させていただく一本。

それは、渋沢温泉小屋の支配人と深い関係のあるお酒です。

ご存知の方も多いと思いますが、冬場は長野県の松本でお酒作りをしております。

蔵の名は「岩波酒造」。

以前、見学に行かせていただきましたが、大きくはありませんがこじんまりとした素敵な酒蔵でした。

そして、ナント、その「岩波酒造」の看板商品「岩波~大吟醸~」が長野県の清酒品評会で見事「首席優等賞」を受賞したとのこと!

ということで、さっそく皆様に喜びのご報告をさせていただいた次第です。

どれくらいスゴイかというと、酒どころ長野県の吟醸酒部門143点の出品中で一等賞!

なかなか取れるものではないと思います。

支配人にお話を聞くと、とてもお酒作りに真剣な杜氏さんとのことで、その努力が形になったのではないのでしょうか。

残念ながら、大吟醸は未だいただいたことはありませんが、是非とも今冬中には勉強のためにも、支配人にお願をして「首席優等賞」の味を体感してみたいと思います。

<参考>

日本酒度  +5

酸度     1.2

「岩波酒造合資会社」

住所  長野県松本市里山辺5159

電話  0263-25-1300

最高のご褒美

小屋閉めのお手伝い最終日。

少しお時間をいただいて、最後に渋沢大滝にご挨拶に行ってきました。

滝への森の道は、まさに紅葉真っ盛り。

森全体が金色に輝いて見えました。

どこを撮影しても絵になって、なかなか前に進めません(^_^;)

残念ながら、滝にはもう光が当たっていませんでしたが、その迫力は変わりません。

↑真下から

この滝は、いつまで見ていても飽きることがありません。

が、帰って小屋閉め作業をしないとしないとならないので、後ろ髪ひかれつつ…。

帰り道も輝く森を満喫することが出来ました。

森から最後にご褒美まで頂いて、今シーズンも無事に小屋を閉められたことに感謝せずにはいられません。

今シーズンも大変お世話になり、ありがとうございました<(_ _)>

日本酒街道を行く

『惣誉~生酛仕込特別本醸造~』

いよいよ、渋沢温泉も小屋閉め。

本当に早いです。

ありがたいことに、今年も小屋閉めに沢山の方がお手伝いにいらして下さいました。

そんな、楽しい夕食。

美味しい日本酒が華を添えくれました。

しかも、いただき物(^_^;)

ありがとうございます<(_ _)>

その名は「惣誉~生酛仕込特別本醸造」。

お隣の栃木県のお酒のようですが、全くの初耳の銘柄です。

まだまだ、まだまだ、日本中には沢山の知らない日本酒が山ほどあるようで楽しみです。

しかも、今回のお酒。

頑張って勉強している「生酛仕込」。

お手伝いに来て下さったプロ料理人の鳥料理と一緒にいただきましたが、それに負けないしっかりとした味がありました。

そして、生酛仕込らしいコクがあるのですが、本醸造なのでキレがあり、後味スッキリと言う感じで、とても美味しかったです。

今年も、本当に沢山のお酒に恵まれました。

これも、渋沢温泉小屋と皆様のおかげ様です。

ありがとうございました<(_ _)>

まだまだ勉強不足ですが、今後も美味しい日本酒をご紹介できるよう、冬の間もトレーニングに励みたいと思います。

<参考>

日本酒度  +4~5

オススメ  冷~燗

「惣誉酒造株式会社」

創業  明治5年

住所  栃木県芳賀郡市貝町大字上根539

電話  0285-68-1141

 

楽しい通勤路

2週間ぶりに小沢平から小屋まで歩きました。

だいぶ紅葉が進み、夏とは別世界になっています。

朝早すぎて、まだ太陽の光が届きませんが、当たっている新潟側の森は金色に輝いていました。

そして、この日はさらに嬉しいサプライズが。

昨日、渋沢にお泊りだった大常連様、古い山友達に登山道でばったりお会いすることが出来ました。

最後のご褒美でしょうか。

こちらの二枚は、いつものプールとその対岸。

前回とは見違えました。

紅葉って、本当に綺麗です。

 

さらに一歩

今年最後のお手伝いも、「尾瀬夜行2355」で御池まで。

今回は正真正銘の好天。

しかし、寒いです。

もちろん、寒いのはわかっていましたが…。

まさか、これほどとは(^_^;)

車の霜取りで、すっかり時間を食ってしまいました。

ちょっと判りづらいかもしれませんが、燧ケ岳はもう白くなっていました。

前回、お世話になったのが二週間前。

確実に、季節は一歩前進したようです。

日本酒街道を行く

『白龍~純米吟醸ひやおろし~』

びっくりなことに、明日のお泊りで今シーズンも終わりです…。

そして、今年も残すところあと2カ月。

なんという早さでしょう。

ということで、これからもどんどん勉強していきたいともいます。

今回の一本。

こちらも季節もの、新潟県の「白龍 純米吟醸ひやおろし」です。

今しか飲めないと思うと、どうしても飲みたくなってしまいます。

お味は、しっかりとしたうま味というかコクがあり、印象に残ります。

酒造オススメの「ぬる燗」にもしてみたかったのですが…。

うっかり、冷で飲みきってしまいました(^_^;)

ごちそうさまでした。

もうしばらく「ひやおろし」楽しめそうです。

次なる出会いに期待します。

<参考>

日本酒度  +2

酸度    1.7

オススメ  冷・常温  ○      ぬる燗  ◎

「白龍酒造株式会社」

住所  〒959-2025 新潟県阿賀野市岡山町3-7

電話  0250-62-2222

 

 

 

まさかの展開

先日、お手伝いに行った時のこと。

御池に着いた時は、それはそれは良いお天気だったのです。

早速、紅葉の撮影をしようとすると…。

まさかのカメラ忘れ(@_@;)

頭の中が真っ白になる、とはまさにあんな感じなのでしょう。

「終わったな…」という感じです。

不謹慎ながら

「いっそのこと、天気が悪くなれば…」

とまで思い詰めてしまいました。

すると。

新潟方面に見事な虹が出現。

カメラを忘れたことを悔やみつつ、携帯で撮影していると…。

徐々に雲行きが怪しくなり…。

結局、小屋までカッパのお世話になる事に(-_-;)

悪いことはちょっとでも考えてはいけないのだ、と勉強させいただきました。